混合型頭痛に侵食される前に|症状を見極めて個人に合った治療法

医者

痛みの無い生活を送る

原因は1つじゃない

頭痛

頭痛には様々な種類がありますが、大きく分けると血管が拡張することによって起こるものと、筋肉が緊張することによって起こるものという2つのタイプがあります。前者が偏頭痛と群発頭痛で、後者は緊張型頭痛です。ところが、中にはこの偏頭痛と緊張型頭痛の特徴を、両方とも併せ持っている頭痛があるのです。それが混合型頭痛と呼ばれるものです。この混合型頭痛については、少し注意が必要です。それというのも、本来偏頭痛と緊張型頭痛は原因が異なっているので、対処の仕方も違ってきます。例えば偏頭痛は拡張している血管を収縮させる必要がありますので温めるのは禁物ですが、緊張型頭痛は逆に筋肉のこわばりをとるため、温める必要があるのです。ですから、混合型頭痛の場合にはこの点に注意しなければなりません。どちらかに偏った対処をしていたのでは、いつまでたっても頭痛が治まらない、という事態になってしまうからです。まず、自分の頭痛の状況を考え、それが混合型頭痛であると分かったら、偏頭痛と緊張型頭痛、どちらの症状が重いのか判断しましょう。そして、偏頭痛の症状が重いとしたら、まずはじっと静かに安静にし、ある程度偏頭痛の症状を抑えてから、その後で筋肉の緊張をほぐしていくのです。厄介な混合型頭痛ですが、すぐに両方の症状を抑えようとせず、まずはどちらが重いか、どちらの治療を優先すべきか、判断してから対処しましょう。混合型頭痛はその性質上治りにくい側面があります。しかし、イライラすることはよけいに治りを遅くしてしまいます。まずは自分の痛みの状態をきちんと把握することから始めましょう。

治すのは薬だけじゃない

偏頭痛と緊張型頭痛という異なった2つの頭痛の特徴を併せ持ち、治すのに注意を必要とする混合型頭痛ですが、実は疲労やストレスがたまると症状が重くなることが分かっています。頭痛の治療というと誰しも服薬を思い浮かべがちです。実際に今は良い薬剤も何種類も出ており、頭痛を治したり予防したりすることが以前より容易になりました。それはそれで結構ですが、この混合型頭痛の場合、使用する薬剤も偏頭痛と緊張型頭痛それぞれに合ったものを使用しなければならないなど、難しい面があるため、薬剤だけの治療では中々スッキリと治りにくい一面を持っています。そうした中で、心に関するトラブルを解決するために、クリニックに通う人も増えています。クリニックで医師のアドバイスを聞き、リラックスしやすい環境を覚えることが、この混合型頭痛の予防に大変役に立つことが分かっています。やはり、ストレスが脳、及び身体に与える影響は大きい、ということでしょう。また、日常生活において、睡眠不足や過労が続くと、頭痛を定着させ慢性型の混合型頭痛を生じさせ易くします。ですから、なるべく規則正しい生活を心がけ、心理療法や自立訓練法でリラックスしながら、必要な時に薬を飲む、ということが混合型頭痛の治療には必要なことだと言えるでしょう。頭痛はイヤなものだ、避けるべきものだ、確かにそれはその通りです。頭痛は仕事や勉強の効率を低下させ、精神状態まで悪化させます。しかし、頭痛はあなたの身体が送っているサインであるとも言えます。その負担を取り除いてやることが、混合型頭痛を治すうえでも最も大切なことになるでしょう。