混合型頭痛に侵食される前に|症状を見極めて個人に合った治療法

医者と看護師

薬物による頭痛

頭痛

いわゆる混合型頭痛は、頭痛薬を過剰に服用することによっておこる薬物乱用頭痛でおこります。治療には原因になっている薬を止めたあと、使用していない抗炎症薬や予防薬としての抗うつ薬が用いられます。

» 詳細を読む

痛みの無い生活を送る

頭痛

混合型頭痛とは偏頭痛と緊張型頭痛の2つの特徴を併せ持つ頭痛で、治す時にはどちらの症状が強く出ているかで治療の優先順位が変わって来るので、注意が必要です。また、混合型頭痛はストレスとも密接な関係があります。

» 詳細を読む

複雑な頭痛の治療について

笑顔

四六時中頭痛に悩まされている方の場合には、複数の頭痛が絡みあっている混合型頭痛の可能性があります。混合型頭痛では緊張型頭痛と偏頭痛が同時に起こっている場合があるのが厄介な点です。頭痛は種類によって対策が変わってくるため、混合型頭痛では治療方法もやや難しくなります。通常は、比較的治りやすい緊張型頭痛の治療が優先されるのが一般的です。緊張型頭痛の場合は、現在整体院などを利用しての治療が人気を集めています。このような施設は、日頃の姿勢の癖や体の歪みなどを徹底的に洗い出しベストな改善法を導きだすのが特徴です。部分的な筋肉の凝りを揉みほぐしてもらえるため、症状も軽くなります。施術を通して筋肉の凝りや血流障害の起きにくい状態に整えてもらえる点は大きなメリットです。この手の整体院は、気軽に利用出来る点も見逃せないポイントとなります。医療機関に比べて敷居も低く、確かな効果が得られることも人気の一因です。こういった整体院を利用して緊張型頭痛が緩和すれば、後は偏頭痛の治療に移行することが出来ます。混合型頭痛の状態のままでは治療が難しくても、一つ一つ対処していくことで段階的に症状を治していくことが可能です。現在増えている整体院は、混合型頭痛を抱えている方にとっては特に役立つ施設となります。場合によっては偏頭痛の改善が期待できる点も魅力です。頭痛は実の所複雑なメカニズムで生じていることが多く、体の歪みを治して自律神経を整えることで長年の頭痛が改善するケースもあります。あるいは整体だけではなく、精神科や心療内科などで精神面から治療を行っていくことも解決するために必要です。やはり頭痛はストレスからくることもあるからです。

混合型頭痛が一遍に治療出来ないのには理由があります。緊張型頭痛と偏頭痛は相反する性質を持つため、同時に治療することは非常に困難です。緊張型頭痛が血流を良くすることで良くなるのに対して、偏頭痛では却って痛みが増幅します。従って両方を一気に治療することはほぼ不可能です。そのため通常は段階を経て治療が進められていきます。混合型頭痛はメカニズムも複雑です。血管の収縮と拡張というプロセスが交互に見られることが多く、上手にバランスをとることは至難の業です。そのため、まずは治療しやすい痛みからアプローチをしていくのが現在のスタイルと言えます。混合型頭痛の症状は実際個人差が大きく、治療を担当する医師は個々の状態を見極めながら診療を行なっていくのが常です。こういった微妙なさじ加減は、やはり頭痛の専門医が得意とする領域となります。治療も混合型頭痛では長びくことが多いため、頭痛の専門医と二人三脚で改善を試みることが必要です。偏頭痛は、現在効果の高い薬が使用出来ます。ですので比較的すぐに症状が落ち着くことも多いです。発作という形で発症するため、日常生活の注意や予防薬の服用で症状をある程度コントロールすることも出来ます。従って混合型頭痛と診断されても、治療のアプローチ法は多彩です。どういった痛みが一番つらいかによっても治療の進め方は変わってくることが多く、混合型頭痛の治療は個人差があります。専門医に相談することで、効率の良い治療が試みられることは確実です。

ややこしい頭痛

看護師

頭痛には主として、肩や首、頭の凝りに由来する緊張性頭痛と、頭がドクン・ドクンと痛んで何もできなくなる偏頭痛があります。しかし中にはこの両者が同時に発症する混合型頭痛もあり、治療のときに注意を要します。

» 詳細を読む